結婚式二次会で目立つ!水玉のミニスカパーティードレス着こなし術

パーティードレスが、こんなにバラエティに富んでるとは、今更ながら知り、とても勉強に成ります。キーワードを決めて調べる際に結構悩みますが、見付かるととても嬉しいです。

水玉模様と云う名前では出て来ないと思ったので、沢山有るショートドレス絵柄を虱潰しに見てみると、こんな素敵なキャミソールドレスを発見しましたので、紹介します。

ウエストを華やかレースベルトで、バックはリボン結びになってます。水玉柄が裾まで降りて、ラメ刺繍が花柄と共にとても賑やかに彩って居ます。ピンク・ブルー・ブラックの3種有りますが、其々雰囲気を変えて居て、ネイビーが一番ゴージャス感が半端無く強く、表現されてる様に感じます。

ピンクやシャンパンGは、ファンタスティックな夢見る夜空を飛んでる感じで、覚め無ければ良い心地よさを感じます。

ロングドレスならどんな風に表すのか、見てみたい気持ちに成ります。

mizutama (1)

小さなショットでは、水玉柄に見えたのでもう1着アップしました。 規則正しく配置されてるのは、下地がチェック柄で描かれて居る為で、シフォン生地にラメのドット(水玉を英語で)が何処に居ても、キュートな光りを魅せてると思います。

ブラックやチェリーピンク・ロイヤルブルーが有りますが、1色でラメが光る星空のように配したブラックが、一番自然な感じで素敵に映ってます。

mizutama (2)
http://styleblock.jp/item/7120.html

他にも、パールビジューやスタッズを、ドット風に胸元を飾ったパーティードレスが有りましたが、全体に散りばめてるのは、以上2点でした。

夜が長い所為か、冬はカキンと澄んだ寒空に光る星が幻想的なので、暖かいお部屋でクリスマスパーティーを、和やかに楽しめたらと思います。

≫水玉パーティードレスの価格はこちら(楽天)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ