結婚式でしてはいけない服装とは?【色・露出・ミュール】

mana-

結婚式に招待されると、女性はどういった服装で行こうかと悩む人も多いのではないでしょうか?
特に、同じシーズンに何回か結婚式があった場合には、
服装を変えていきたいという女性はたくさんいると思います。

なので、同じ色ではなく様々なタイプのパーティードレスを用意して
結婚式に臨むと思いますが、実は結婚式の列席の服装には絶対にしてはいけないポイントがあります。

まずはパーティードレスの色

「白」は無難だし、シンプルだし、清楚だしといいことだらけで使いやすいとは思いますが、
結婚式では絶対にNGです。

というのも、「白」を結婚式の主役の新婦が着るウェディングドレスの色です。
主役と同じ色は、絶対にいけません。
「白」を着ていっただけで、礼儀知らずだな、と思われてしまうので絶対に避けましょう。

ドレスのタイプ

またドレスのタイプも厳密にいうと、マナーがあります。
基本的に、列席者は露出が多いものはよくありません。

足が出すぎているスカートや、肩が思い切り出ているデザインのドレスなどは避けます。

ただ、パーティードレスの場合肩が出てしまうものが多いので、
ショールをうまく使用して肩を隠すようにするようにします。

足元

足元にもルールがあります。
春夏の結婚式には、ミュールを選ぶ人も多いですが基本的にミュールはNGです。
ミュールといえどもやはり、サンダルの一種であり正式な場では失礼に当たってしまうからです。

同様に、秋冬であればブーツをチョイスする人もいますがブーツもNGです。
おしゃれとしている人もいるかもしれませんが、やはり正式な場での履物ではないのです。
足元は、パンプス。

これが正しいマナーなので、パンプスを基本に考えてコーディネートをしてくださいね。

女性の服装はやはり男性よりもパターンが多いので、ファッションという面でも楽しめます。
しかし、おしゃれを楽しむだけではなく、新郎新婦をお祝いする場だからこそ
しっかりとマナーを守って、相応しい格好で参加しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ