結婚式でマナー違反にならないアクセサリー、指輪とは?

yubiwa

結婚式でのマナーは知らないこともたくさんありますよね?
何かひとつとってもこれは合っているのかどうなのか、なんて気になります。

特にアクセサリーに関しては、昼だからとか夜だからとかによっても
細かいマナーがあるので少し難しいです。

しかし、マナー違反はそれ以上に恥ずかしいものなので
しっかりとマナーは知っておきたいですね。
今回は、アクセサリーの中でも指輪についてご紹介していきます。

結婚式で指輪をするのはマナー違反?

指輪で一番悩むのが、独身でも指輪はいいのか、ということです。
私も、独身時代の列席で指輪をしていっていいかどうかはかなり迷いました。
結婚式には指輪交換という大切なセレモニーがあるからこそ、指輪に関しては結構悩みますよね。

正解は独身でも指輪はOKです。

ただし、新婦より目立ってはいけないという
結婚式の装いのマナーの基本が守られることが重要です。
驚くぐらい大きな石がついた指輪はもちろんNGですし、あからさまにカジュアルなものもNGです。

そうでなければ、シルバーでもゴールドでも指輪はつけていって大丈夫なものです。
ダイヤなども小ぶりなものであればついていても大丈夫です。
逆に、夜の結婚式であれば光り物が好まれるので、指輪はつけていった方がいいぐらいです。

また、結婚指輪と婚約指輪の重ね付けはいいのかという悩みを持っている人も多いです。
重ねるという意味自体は結婚式ではあまりよくないですが、ダメという決まりはありません。

最近は、婚約指輪と結婚指輪を一緒につけるデザインが施されたものもありますし、
華やかな場所でなければつける機会もあまりないので、つけていってもOKです。
ただし、これも先ほどと同様にあまりにも目立ちすぎる石の大きさだと
新婦より目立ってしまうのでその場合には控えるということも重要です。

指輪は、ゲストが華やかになるアイテムのひとつでもあります。
そして実はあまりマナーの決まりがないものでもあります。

上品な印象にもなるので、ぜひ結婚式には既婚独身問わず指輪を身に付けていきましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ