結婚式で履いてはいけない靴とは?パンプスはマナー違反?

panpusu

結婚式に列席する時には、ドレスやアクセサリーだけではなく足元にも気を配る人が多いと思います。
女性は靴が好きな人が多いので、靴もおしゃれにしたいのです。
しかし、どんな靴を履いていってもいいわけではないのが結婚式です。

結婚式で履いてはいけない靴とは?

ミュールやサンダルなど、つまさきやかかとが出るものはだめですし、
ブーツもカジュアルすぎるので結婚式ではNGアイテムです。

結婚式に相応しいのは、パンプスです。

パンプスは、細ヒールで3cm以上あるものが一番おすすめで、上品に見えるポイントです。
逆に、太めのヒールはカジュアルに見えてしまうことがあるので、
出来るだけ細めのヒールを選ぶことをおすすめします。

また、ウェッジソールのパンプスもかなり流行っているので
結婚式の場で最近ウェッジソールを履く人を多く見ます。

ヒールが安定しているので、歩きやすいのはもちろんわかりますが、
やはりフォーマルな場には合ったものではありません。

ウェッジソールも太めヒール同様にカジュアルなイメージがあるので、
出来るだけ避けることをおすすめします。

素材はどうすればいいの?

また、素材に関して悩む人も多いと思います。
エナメルやスエードなど、パンプスひとつとっても色々なものがありますが、
特にパンプスにおいてダメな素材はありません。

靴においては、基本的に靴の形が重要なので、
素材は季節や結婚式の時間帯に合わせたものがいいでしょう。

色においても、あまり決まりはありません。
ドレスを控えめなものにした場合には、あえてパンプスに色を入れることが華やかな印象になります。

また、黒っぽいドレスを選んだ時には、
パンプスに光る素材など入れると喪服のように見えないのでおすすめです。

パンプスの色と、バッグの色を合わせるとコーディネートに統一感が出るので、
そういうコーディネート法で小物を決めるのもひとつですね。
ぜひ上品に見え、華やかさを加えるような素敵なパンプスを選んでくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ