結婚式でマナー違反になるリボンの着こなしとは?

結婚式の服装は、ある程度控えめなものにしようと思っている人も多いですよね。
特に、女性は年を重ねれば重ねるほどシンプルな装いになってきます。
新婦の友人席は華やかだけど、会社席はなんだかシンプルで寂しいなんて光景はよく目にします。

新婦より目立たないようにシンプルな装いにすることはもちろん結婚式では大切なことです。
しかし、そこに華やかさを出さないと後に残る写真もなんだか寂しいということになりかねません。

なので、コーディネートに華やかさをプラスしてみませんか?
そこでおすすめなのがリボンをコーディネートに足すことです。
リボンというと、若い女性がつけるもので避けがちですが、
実はどんな年代の人でも華やかさになるものです。

例えば、シンプルなドレスにただリボンを巻くだけでも華やかさは違います。
ネイビーなど落ち着いた色を選んだとしても、
リボンに差し色を加えることで一気にコーディネートに色を足すことができるのです。

また、ヘアアクセせさりーでもリボンは優秀です。
もちろん、顔の半分ぐらいあるような大きなリボンはアクセサリーとしてはNGです。 新婦よりも目立ってしまうことになるからです。

なので、アップスタイルにした髪にリボンをつけたり、
バナナクリップタイプのものをつけたりなどすると上品な印象をつくることもできます。
足元にもリボンを取り入れるのも素敵です。

特にシンプルな装いにした場合に、パールやビジューがついた
リボンのついたパンプスを選べばそれだけで華やかになります。
またリボンをコーディネートにプラスすることによって女性らしさも加えられるので、
どこかしらに取り入れることをおすすめします。

結婚式のコーディネートを決めるときに、なんだかシンプルだな、
控えめになりすぎたかな、と思ったらぜひリボンをいれてみてください。

可愛いをプラスするのではなく、上品さや女性らしさをプラスでき、
更にどんな部分にも取り入れることができる万能アイテムですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ