結婚式の二次会で抑えるべき4つのマナーとは?

mana-

結婚式には色々マナーがありますよね?
服装を選ぶ際には、マナーを気にしながら服を選ぶ人も多いと思います。

一方で結婚式の二次会はどうでしょうか?
実は二次会にもおさえておきたいマナーが存在します。
二次会から参加する、なんていう場合にはしっかりと確認しておきましょう。

マナー1.服装

結婚式よりはフォーマルでない、セミフォーマルというスタイルが二次会スタイルです。
フォーマルワンピースはもちろん柄ワンピースやブラウスとスカートなんて組み合わせもOKです。
イメージは、高級レストランに食事に行くイメージで服装を選ぶといいと思います。

もちろん、結婚式同様に白は避けます。新婦が二次会でミニの
ウェディングドレスを着てくる場合も多いので白はNGです。
また、セミフォーマルとはいえ露出が高すぎるものもNG。

新婦より目立ってしまっては元も子もないので、露出が激しい物の場合には刃織物が必須です。

マナー2.靴

靴に関しては、結婚式のマナーに似ています。
サンダルやミュール、ブーツはNGアイテムです。
おすすめはヒールのあるパンプスで、エナメルなど選ぶと上品になります。
色も決まりはないので、衣装の色に合わせると素敵になります。

マナー3.小物

バッグは小ぶりのパーティーバッグがおすすめです。
二次会は立食スタイルが多いので、
クラッチよりは肩にもかけられるハンドバッグがおすすめです。

二次会では大ぶりでキラキラするようなアクセサリーもOKになるので、
それに合わせてキラキラしたバッグを選ぶと統一感が出来て素敵です。
ヘアアレンジもしっかりと行います。

とにかく、ヘアセットをしないというスタイルだけはやめます。
ヘアアクセサリーも結婚式ではNGのカチューシャなども使用できるので、
ヘアアレンジの幅が広がります。

ただ結婚式同様に、生花や白系のヘアアクセサリーは
新婦とかぶる可能性があるのでNGです。気を付けましょう。
結婚式よりも二次会の方がおしゃれを楽しめるポイントが多いです。
ぜひおしゃれを楽しみつつマナーを守った服装で楽しんでくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ