結婚式でパンツスタイルのドレスはマナー違反なのか?

女性が結婚式に列席する際に、ワンピースや着物で列席する場合が多いですよね?
私も、友人の結婚式や親族の結婚式でもそれ以外の衣装を着ている人はほとんど見たことがありません。

というのも、そもそも結婚式の列席者の服装は準礼服と
呼ばれるフォーマルなものが正しい服装でした。
その中には、ワンピースドレスや着物が含まれているので、それを選ぶ人が多いのです。

しかし、最近結婚式の列席においてパンツスタイルを選ぶ人もいます。
パンツスタイルは、フォーマルに含まれていないのでやはりNGスタイルなのでしょうか?

結婚式でパンツスタイルは避けた方がいいのか?

格式の高い結婚式や厳かな結婚式においては、控えた方がいいスタイルではあります。
しかし、最近の結婚式のスタイルは様々になってきておりカジュアルな結婚式や
レストランでの結婚式などでは許容されるスタイルにもなってきました。

では結婚式でのパンツスタイルはどんなものがいいのでしょうか?
もちろんビジネススタイルはNGです。また、普段着っぽくなってしまうのもNGです。
それに気を付けてコーディネートをすることが重要です。

素材としては、ストレッチ素材ややわらかい素材が結婚式には相応しいです。
光沢があるものを選べばより結婚式に合ったものになるのでおすすめです。
綿や皮、フリース素材は結婚式では使っていけない素材なので気を付けましょう。

一番ベーシックなスタイルとしては、パンツ+ブラウスというのが定番です。
ただし、ブラウスに関してもフリルなどがついている華やかなものを
選ばなければビジネススタイルになってしまうので
ブラウスや羽織るジャケットのデザインには気を付けましょう。

また、パーティー用のパンツスーツなど上下揃ったものを選ぶと迷わないのでいいですね。
最近は、オールインワンやロングロンパースなどのパーティー用で
まるでロングドレスのようなものもなるので、そういったものを選ぶとより華やかな印象になります。

妊娠中や怪我しているなどの理由がある時は特に、パンツスタイルの方がいいときがあります。
結婚式の格式にもよってきますが、パンツスタイルも絶対にNGというわけではないので
カジュアルスタイルやビジネススタイルにならないように気を付ければおすすめの衣装になりますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ