結婚式には時計をつけていってもいいの?【結婚式のマナー】

結婚式お呼ばれ当日、列席の準備をしていざ結婚式へ行くぞ。
という言う時に、どんな時計をしていこうか?
なんて迷ったことはありませんか?

革ベルトなのか、金属ベルトなのか、
女性ならアクセサリーに近いタイプの時計でもいいのか、などなど。
今回は、結婚式における時計のマナーについてご紹介したいと思います。

実際結婚式において、特に男性は時計をしている人が多いです。
やはり普段の習慣なのか、スーツだからしてくるものだからだと思っているからなのかは
定かではありませんが女性よりも男性の方が時計をしている確率は高いです。

私がウェディングプランナー時代、余興担当の人へ余興について詳細をお話すると、
大抵「何時くらいからですか?」と腕時計で時間を気にされます。

その場合披露宴中も多々時間を気にする姿をよく見ました。

時計はつけてもいいのか?

そもそも結婚式の正しいマナーでは、時計はNGです。
これは男性も女性もです。
もちろん、革素材でも金属ベルトでも、アクセサリーっぽい時計でも基本的にNGです。

やはり結婚式はお祝いの場です。そんな時に、
”時間を気にする”ための時計をつけているのは失礼にあたるからです。

確かに、結婚式場を思い出してみても結婚式場の打ち合わせの場所には時計はあっても、
基本的に控室・披露宴会場・チャペルには時計を置いているところはほとんどありません。

やはり結婚式は、その時間と空間を楽しんでほしいという新郎新婦のおもてなしの場でもあります。
だからこそ結婚式場のテイストも、リゾートであったり、アンティークであったり、
またはお城のようであったりとこだわった作りをしているところが多く、
新郎新婦も現実離れしている作られた空間を求めています。

せっかく現実を忘れて結婚式を楽しむ空間をつくっているにも関わらず、
ゲストが時計という現実を持ち込んでしまうと台無しですよね?

新郎新婦の気持ちを知れば、より時計はしていかない方がいいなと思っていただけたでしょうか?
マナーとしてももちろんNGですが、新郎新婦が作った空間をぜひ楽しめるように
思い切って時計は自宅に置いて結婚式に参加してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ