結婚式で使えるバッグの基準とは?【マナー違反・NG素材・大きさ】

結婚式でのファッションは、女性にとってオシャレにしていきたいものですよね。
ワンピースや靴もそうですが、もちろん小物にもこだわりたいのが女性です。

今回は小物でも、バッグについてご紹介したいと思います。
ウェディングパーティーには、どんなバッグを持っていくことが多いですか?
イメージはやはりクラッチバッグやハンドバッグですよね。

マナー違反にならないバッグとは?

もちろんマナー的にも、財布と最低限の荷物が入るぐらいの小さいバッグが好ましいです。
クラッチバッグはスマートでおしゃれですが、
手が空かないのが不便なのでハンドバッグの方が肩にもかけられるので利便性はあると思います。

特に色に関しては、決まりはありません。
ただおすすめは黒、シルバー、ゴールド系です。
やはりパーティーらしい華やかさも出ますし、コーディネートにおいても合わせやすいからです。

ワンピースは控えめなものにした場合には、
バッグを華やかにすれば一気にコーディネートも明るくなるので、
バッグでコーディネートを調整するのもおすすめです。
差し色として使用する方法もおすすめしています。

絶対にNGな素材とは?

ちなみに、バッグについてデザインや色など特に決まりはありませんが、
ファー・布・ビニール素材は避けてください。

布やビニール素材は、THE カジュアルなものになっています。

また、ファーは結婚式においてはNG素材です。
フェイクファーだとしても、ファー自体が、動物の毛なので殺生を連想さえてしまうからです。
素材には気を付けてバッグを選ぶことが大切ですね。

バッグの大きさは?

またバッグを選ぶ際には他にも注意点があります。
バッグは基本的に小さい物を選ぶことがマナーだからこそ、大きいバッグはNGです。
しかし、女性は持ち物が多いのでどうしてもバッグが大きくなりがちです。

なので、結婚式場までは大きいバッグでもいいですが、
クロークで荷物を整理してパーティー会場には必要最低限のものだけ持っていくようにします。
そうすればマナー違反にはならないので、そういった方法で荷物を整理するようにしてください。

また、荷物が入りきらずクラッチバッグやハンドバッグ以外に
紙袋をサブバッグとして持ち込む人もいます。

しかし結婚式はフォーマルな場です。どんなブランドの紙袋だろうが、紙袋は紙袋です。
フォーマルな場には相応しくないので、紙袋を持っていくのはやめましょう。

サブバッグはしっかりとしたものを用意することが正しいマナーですよ。

ちなみに、ハンドバッグやクラッチバッグのパーティー中の置場ですが、
椅子の背もたれか膝上に置くのが正しい置き方です。

バッグハンガーを持っていれば、それにかけることで椅子の背もたれから
バッグが落ちるということも避けられるのでバッグハンガーをひとつ持っておくことと便利ですよ。
バッグひとつでも細かいマナーがあります。
ぜひマナーを守りながら、素敵なオシャレを楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ