結婚式で絶対につけてはいけないブレスレットとは?【結婚式のマナー】

buresu

結婚式の列席にアクセサリーをつけていくことは多いですよね。
アクセサリーの中でも、ブレスレットについてのマナーについて今回はご紹介したいと思います。

結婚式にブレスレットをつけていく人は多いですよね?
基本時計もしないし、腕も出ているのでなんだか寂しいのでブレスレットをすると思います。
もちろんブレスレット自体はNGアイテムではありません。

パールやシルバー、またはゴールド系のものは結婚式に相応しいアイテムだと言えます。
特にパールは上品な印象なので、おすすめです。
ゴールドやシルバー系も華やかになるのでおすすめですが、
気を付けるべき点はつけすぎないことです。

絶対につけてはいけないブレスレットとは?

若い人の間で、細めのブレスレットを何重にもつけたり、
ものすごく太いブレスレットをつけたりなどが人気です。
しかし、それは普段のファッションでするものであり、フォーマルな場では相応しくありません。

フォーマルな場なので、上品さや清潔感がとても大切です。
じゃらじゃらつけているとやはり上品には見えないので、辞めた方がいいでしょう。
重ねるという言葉自体も結婚式では縁起が悪いものなので、
アクセサリーを重ね付けするのも極力避けることをおすすめします。

また、大きめの花モチーフのブレスレットも避けます。
コサージュぐらいのサイズを腕につける人もいますが、
生花や大きめの花飾りは結婚式では花嫁がするものです。

花嫁と同じものをするのは、もちろん結婚式の場においてはNGなのでやめましょう。
どうしても花モチーフを使用したい場合には、
遠目には花とわからないぐらい小さいものであれば許される範囲内だと思います。

アニマル柄やファー素材、革もやめましょう。
アニマル柄・ファー・革に関しては、すべて動物の殺生を連想させるアイテムです。

結婚式ではNGアイテムなので、絶対に避けてください。

宝石が思い切りついているものもあまり良くはありません。
それも大きい宝石であればあるほど、新郎新婦よりも目立ってしまうことにもなりかねません。
ですので、宝石がついているものでも小ぶりの宝石ぐらいのものにしておくのがベストです。

ブレスレットは華やかになるアイテムなので、つけていくことは非常にいいと思います。
しかし、マナーを守らなければそれだけで恥をかいてしまうので
気を付けてブレスレット選びをしてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ