結婚式で避けるべきパーティードレスの色とは?【結婚式のマナー】

結婚式列席の衣装選び。

女性は、毎回同じものは嫌だからこそどんなものを着るか毎回悩むものですよね?
どんな衣装を選ぶかを考える際に、しっかりと結婚式のマナーを
知っておくと恥をかかないコーディネートをすることができます。

今回は、ドレスの色について考えていきたいと思います。

そもそも列席者のドレスの色に決まりはあるのでしょうか?

もちろん、決まりはあります。
絶対的にNGなのが「白」です。
白はもちろん、新婦が着るウェディングドレスの色です。

基本的に、新郎新婦より目立たないというのが鉄則なので、
主役と同じ色を着るのは恥をかきにいくようなものです。

また、白だけではなく写真写りによっては白く見えてしまいそうな、
アイボリーや薄ピンクも出来るだけ避けるのが賢明だと思います。

更に「黒」も基本的にNGです。
黒は意外に選びがちな色です。
目立たたないようにしようとか、シックにしたいとか考える人は黒いドレスを選んできます。

何度も結婚式では黒いドレスを着ている人を見ています。
若い人たちはそんなに黒いドレスは気にならないようですが、
年代が高い人たちにとっては不快な気持ちになる色です。

というのも、お葬式では黒が基本です。つまり、お祝いの場には相応しくないです。
結婚式には様々な年齢層の人がいるので、そういった配慮をすることが重要ですよ。

また、バイカラーもあまり良くはありません。
バイカラーは2色を使用します。2は割り切れる数字、
割るという言葉は縁起が悪いということで結婚式では忌み言葉として扱われています。

なので、バイカラーで2色の装いを見たら、
礼儀を知らないなと思われてしまう可能性もあるので、避けるべきアイテムだといえます。

そして、アニマル柄もNGです。
アニマル柄は動物物です。ファー素材もそうですが、動物に関するものは殺生、
つまり死をイメージさせるものになります。

先ほどの、割るという言葉同様、死を連想させるものは基本的に結婚式では縁起が悪いものです。また、新郎新婦よりも目立ってしまうこともあるので、アニマル柄は絶対にNGアイテムです。

ぜひ、今回紹介した点をおさえて衣装選びをしてみてくださいね。

※当サイトでは上記のマナー違反?のようなコーディネートも
紹介していますが上級者向け、もしくは知り合いだけの結婚式や
2次会用として参考にすることをオススメします♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ