結婚式でイヤリング(ピアス)をつける際のマナーとは?

結婚式には、おしゃれを楽しみたいという女性はたくさんいると思います。
その日のために用意したワンピースにどんなアクセサリーを
合わせるかというのも楽しみのひとつですよね?

しかし、アクセサリーにもマナーがあることをご存知でしょうか?
恥ずかしくないように、相応しいアクセサリーを選びましょう。

今回はイヤリング(ピアス)についてご紹介したいと思います。

結婚式のイヤリングマナーとは?

まずアクセサリー全般にいえることですが基本的に、
新婦より派手なもの目立つものはNGということは守りましょう。

続いて気を付けるポイントとしては、披露宴の時間帯によって使用するものを変えることです。
昼間のパーティーであれば、パール系など光物ではないものにします。
逆に、夜のパーティーであれば光るものを取り入れると正式なカタチなのです。
といっても、先述した通り新婦より派手なものは避けるようにしましょう。

そしてまた、基本的に結婚式にはパールが無難です。
パールは上品かつ正式な場で相応しいアイテムのひとつです。
だからこそ、ひとつ持っていると便利です。

やはり正式な場だからこそ、上品なものを選ぶということは大切です。
なので、カジュアルなタイプのイヤリングはピアスはやめましょう。
また、パールが上品だからと言って黒いパールをつけるのはいけません。

黒いパールは、お葬式を連想させてしまうものなので結婚式には身に付けないようにしましょう。

また、揺れるものはいけないと言われています。
というのも、揺れるという言葉自体が家庭が安定しないなど縁起があまり良くないからです。
しかしそれ以上に揺れるイヤリングはピアスは大ぶりなものが多く、
新婦より目立ってしまうことが多いので避けるべきアイテムだといわれています。

なので、小ぶりのものが多少揺れるぐらいであれば結婚式ではOKです。

私がウェディングプランナーとして、列席の人を見ていた感想としては、
ドレスもネックレスもヘアスタイルも華やかなので
無理にイヤリングやピアスをつける必要はないのではと思います。

実際に、イヤリングやピアスは絶対に必要なアイテムというわけではないので、
つけないという選択肢をひとつもってもいいかもしれません。

ぜひ結婚式につけるアクセサリーの参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ