結婚式にボレロは必需品!絶対にやってはいけない着こなしとは?

結婚式に列席する女性にとって、ボレロは必需品です。ドレスのコーディネートのポイントにもなりますし、少し肌寒ければ防寒アイテムにもなります。

また、基本的に列席者は肌の露出を控えなければいけないので、肌の露出防止としても使えるアイテムです。ボレロにも、たくさん種類がありますが結婚式で使用すのはどういったタイプがいいのかということを知っておきましょう。

1.レースタイプ

総レースのボレロは、雰囲気をやわらかくする上に上品さを出すことができます。
結婚式のおめでたい場に華やかさをプラスするには最適のアイテムです。

2.薄型タイプのボレロ

これは、アクセサリー感覚で使えるものです。
ラメが入っているものを選べば、ドレスがシンプルな場合のポイントにすることができます。

3.大判ストール

大判のストールは、巻くこともできますし肩からかけることもできます。
アレンジが自由自在なところが使いやすいアイテムです。

ただし、こういったタイプのストールでも、白っぽいものは避けるようにしましょう。

ドレスと合わせてみると素敵だけど、写真に残る場合には多くは上半身の姿が残ります。そういった場合、ボレロの色が強調され、結果的に白い服を着てきた人という印象になりかねません。ですので、ボレロは白っぽいものを選ぶのはやめます。

また、真っ黒なボレロもあまり良くありません。先述した通り、写真に残ることを考えると真っ黒な印象は嫌ですよね?ちなみに黒でもラメが入ったものであれば、真っ黒な印象は受けないので、黒がいい場合にはラメ入りのものを探しましょう。

絶対に注意すべきマナー違反とは?

また、ボレロでやりがちなマナー違反があります。
秋冬の結婚式では、よく見かけるスタイル。ファーのボレロです。
暖かくて、可愛くて女性にはとても人気のファー。

私もウェディングプランナー時代、
秋冬の結婚式でファーボレロを着ている人はたくさんいました。
若い人に特に多いアイテムですが、
基本的にファーという素材は結婚式で使ってはいけない素材です。

というのも、ファーはそもそも動物の毛なので殺生をイメージさせてしまいます。
死を連想させるような言葉は、結婚式ではNG.
リアルファーでもフェイクファーでも同じことです。

可愛くても暖かくても、とにかくファーを羽織ることだけは避けましょう。

ボレロは、必須アイテムだからこそ使えるものを買うことが重要です。
事前にNGポイントを確認して、使えるボレロを探してみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ