結婚式にフェイクファーを着てもいいの?【結婚式のマナー】

秋冬の結婚式になると、女性はコーディネートの一部に”ファー”を取り入れることが多いです。私も、ウェディングプランナー時代にはそういった列席者をたくさん見てきました。

ファーのボレロであったり、ワンピースのファーがついているものであったりなど取り入れ方も様々です。防寒になる上に、ゴージャスな雰囲気も出るので確かにファッションとしてはとても素敵だと思います。そのため、特に若い女性はコーディネートしてくることが多いです。

しかし、実際結婚式において”ファー”はNGファッションです。というのも、ファーはそもそも動物の毛です。そのため、ファー自体が殺生をイメージさせてしまうのです。

結婚式というお祝いの場には、殺生など「死」をイメージさせるものは基本的にNGです。結婚式で使ってはいけない言葉もやはり「死」をイメージさせるものは忌み言葉とされています。

フェイクファーは使ってもいいの?

では、動物の毛を使用していないフェイクファーはOKなのでしょうか?

厳密にいえばNGです。

やはり、ファー=殺生をイメージさせるものという風に気にするのは、ご親族やご年配の列席の方の場合が多いです。

そういった人たちで、一目見ただけでリアルファーかフェイクファーかどうかを判断するのは難しいです。なので、誤解を招かないようにするためにリアルでもフェイクでもファーを避けることが重要なのです。

防寒というためなら、外ではコートを羽織ればいいですし室内でもファーではないショールやボレロを羽織ればそんなに寒さは気にならないと思います。式場の温度もファーがないと寒くていられないというところもないと思うので、秋冬だとしてもファーは避けるべきアイテムということを覚えておきましょう。

結婚式の場は、色々な人が集まり新郎新婦をお祝いする場だからこそ、みんなが不快にならないようなファッションにするということも重要ですね。どうしても、ファーを使用したい場合には二次会にするなどしてファッションは工夫してみることをぜひおすすめしたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ