友人の結婚式に赤いパーティードレスはあり?【結婚式のマナー】

女性が列席で着る衣装には、様々なものがあります。和服もありますし、洋装もたくさんの種類があります。特に、ワンピースドレスの場合には色のチョイスもたくさんあるので、悩むなんてこともないでしょうか?

もちろん、白は新婦のウェディングドレスをかぶってしまうのでダメですし、黒もお葬式をイメージさせるものなの避けたい色です。それ以外の色で、しかし華やかさがあるものとなると選ぶのもなかなか難しいものです。

ピンクは結婚式に華やかさをプラスしてくれるので、おすすめですが年を重ねると選びにくい色になってきてしまいます。

そんな場合におすすめなのが赤いドレスです。赤ってなんだか目立つし、派手な印象があるから選んでいいのかな?なんて思う人も多いのではないでしょうか?

結婚式に赤いドレスを着てもいいのか?

実際に、披露宴で赤いドレスを着てくる人は少ないですし、私自身もすぐに選べるかといえばすぐには選ばない色です。

目立つので新婦より目立ってしまうのではないか?と心配する場合もありますが、コーディネートによっては結婚式に華やかさを足してくれるアイテムにもなるので実は選ぶべき色なのです。

結婚式で素敵だと思ってもらえる赤いドレスの選び方は、その色のチョイスです。赤といっても、暗めの赤色であるボルドーや色鮮やかな赤など色々あります。その選び方によって、かなり印象が変わってきます。
目立つことが心配な方には、ボルドーのワンピースドレスをおすすめします。

ボルドーなので、そこまで目立った感じにもならないですし、着てくる人があまり多くないので結婚式に華やかさを加えてくれます。特に秋冬の結婚式で着用すれば、季節感も出すことができるのでおしゃれな人にも見られます。

デザインはもちろん、結婚式に相応しいような露出が少ないものが一番ですが、露出がある場合でもボレロを羽織ればOKです。ボレロには、ラメ入りの黒のものを選べば大人っぽい印象にすることができます。

たまに赤はマナー違反。という人もいますが、そんなことはありません。外国で新婦の色が赤という国があるのでそういう風に思っている人もいますが、日本で赤はマナー違反ではありません。ぜひ、結婚式に華やかさをプラスするためにも赤いドレスを選んでみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ