結婚式で女性が注意すべきストッキングのマナーとは?

suto

結婚式において、女性はスカートスタイルが多いですよね。その際には、女性はストッキングを履きます。
最近ストッキングは、多種多様なデザインがあります。私がウェディングプランナーの時には、列席の女性たちも様々なものを履いていました。

ベーシックな肌色タイプから黒いストッキング、柄やポイントが入っているもの。中には網タイツのようなもので列席する人もいました。

ストッキングのマナーとは?

しかし、ストッキングにも守るべきマナーがあります。まず基本はベーシックな肌色のストッキングを選びましょう。夏の場合暑いからという理由で生足で来る人もいますが、それはNGです。正式な場なので、素足はやめましょう。

また、秋冬になってくると黒いストッキングを選びがちですが黒いストッキングは実はNGスタイルです。というのも、黒いストッキングまたはタイツは喪服を連想させるものです。全身黒いコーディネートにするのも結婚式においてよくありませんが、同様に黒いストッキングも避けましょう。

また、カラータイツなども流行しているので履きがちですが、これもやはりNGです。結婚式においては、ベーシックな肌色タイプのストッキング以外は選ばないと思っておけば間違いないと思います。

その中で、オシャレを楽しみたいという人には、ポイントや柄が入ったものをおすすめします。ベーシックな肌色ストッキングの足首にだけポイントがついているものや、薄く柄が入っているもの、ラメがついているものに関しては許される範囲だと考えてOKです。

ストッキングでオシャレを楽しみたい場合には、そういったものでコーディネートしてみてください。

結婚式という場を、久しぶりの友達に会う同窓会のような空間に考えている若者も少なくありません。しかし、実際結婚式は新郎新婦のことを祝福するための正式な場ですし、何より親族から会社の上司など年代も様々な人が集まっています。

特に年齢を重ねている人にとっては、ひとつひとつのマナーが目についてしまうものです。せっかくお祝いの場にも関わらず、不快な思いになってしまったら嫌ですよね?みんなが楽しくお祝いできるような雰囲気にするべきだからこそ、結婚式のマナーは守らなければいけないものなのです。

おしゃれもマナーの範囲内で楽しむようにしてみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ