結婚式のマナー「女性のヘアアクセサリーってマナー違反?」

結婚式に、列席する女性は髪型もどうするか悩みますよね?

美容室でセットしてもらう場合や、自分でセットする場合と色々ありますが、ヘアスタイルに合わせてヘアアクセサリーを使用することも多いと思います。そのヘアアクセサリーにも気を付けるべきポイントがあるのです。

今回はその気を付けるべき点をご紹介したいと思います。

新婦より派手なものはダメ

これはもちろん常識だと思いますが、新婦より目立ってはいけません。たまにびっくりするぐらい大きなリボンや帽子などをつけてくる人がいますが、それは絶対NGです。

派手になりすぎないようなヘアアクセサリーを選ぶことがポイントです。

お花は避ける

新婦は結婚式当日お花のヘアアクセをつけることが多いです。もちろん新婦とかぶらないようにするということが大切です。また、お花のヘアアクセはどうしても派手になりがちです。

先ほど説明した、新婦より派手になってはいけないというものにもお花のヘアアクセは該当するのでやめましょう。生花でなくても、コサージュタイプのものも避けます。

着物の場合にはヘアアクセなしで

着物自体が非常に華やかなものになります。実際に、着物は結婚式に華をそえるものなので新婦としても着物を着てきてくれると嬉しいものです。

しかし、着物スタイルに成人式のようにヘアアクセをつけてきてしまうと一気に華やかになりすぎて、新婦よりも目立ってしまうことになってしまいます。なので、出来るだけ着物の時にはヘアアクセは控えるようにしましょう。

ヘアアクセなしのスタイルを楽しむ

美容室でセットしてもらえば、ヘアアクセなしでも十分に華やかなヘアスタイルにしてくれます。ヘアアクセをつけなくていい場合には、それが一番です。なので、美容室でセットをしてもらうのもおすすめですよ。

せっかくのお祝いの席だからこそ、ぜひマナーを守っておしゃれを楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ